床張り - 床張り

床張り

2014年1月10日(金)。今日は会社も休みのため、現場へ足を運んでみた。外観/サンヨーホームズ

作業員の方が1名、外壁の下地作りを行っていた。



上棟立会いでは、安全祈願などもあり、正直、あまり家の細かいところまで見る気持ちの余裕がなかったので、今日はゆっくりと見学させて頂いた。断熱材1/サンヨーホームズ






壁の断熱材に目がいった。床には筋交いの壁に後から貼る高性能グラスウール断熱材が置いてあった。カタログでよく見るやつだ。来年の冬は暖かい部屋で暮らせているのだろうか。。
断熱材2/サンヨーホームズ





南面のバルコニーにいった。見積り、間取り設計時に問題となった箇所である。広いとはいえないが、布団干し場所として、それなりのものができそうだ。まだ、面格子状のパネルはついていない。
南バルコニー・サンヨーホームズ







庭・サンヨーホームズ リビングから南の庭の広さ確認した。まだ整地化されていない。ここに春になったら芝生でも植えようかと思っている。(今までそういう趣味ではなかったけど・・・)





床材を見ていると、1階下から見た2階の床材(ベニア・合板)にヒビが見受けられた。

素人の私からは、良し悪しがわからなかったので、作業員の方に聞いてみた。2階床ベニア/サンヨーホームズ


すると、合板であれば薄い板を何枚も重ね合わせて作られているので、表面にヒビがあることもあり、強度上は問題ないとのことであった。
支えとなっている木材のヒビであれば、交換取付するようだ。

このヒビは釘打ちでできたものではなさそうだが、念のため、現場責任者へ電話で内容を伝え、1度、現場確認をお願いすることにした。
床材/サンヨーホームズ

その後、現場責任者から現場確認したとの連絡があった。

部品の取り替え調整を営業担当さん経由でお願いしておいたのだが、現場責任者が言うには既にバルコニーの防水加工を施しているとのことで、単純に部品交換となると、剥がす必要性が出てくるとのことであった。
ネダ工法1
この件でバルコニーの防水加工が甘くなるのも困るため、
結局、私より年配のこの現場責任者の目を信じるかたちで、念のための補強用に根太(ネダ)を入れるといった対処で納得した。


対処後に、また見に行こうと思う。
ネダ工法2





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nagoya77

Author:nagoya77
愛知県西部(稲沢市)に住んでいます。
2013年に、この街でマイホームを建てました。

カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
訪問者数(2014.1.22~)
一戸建て