名古屋ハウジングセンター 一宮会場へ(パナホーム) - 名古屋ハウジングセンター 一宮会場へ(パナホーム)

名古屋ハウジングセンター 一宮会場へ(パナホーム)

 2013年7月中旬のある日、以前にアンパンマンショーを目的で行ったことがある一宮ハウジングセンターへ足を運んだ。

それまでアンパンマンショーを見るだけで、モデルハウスには1度も入ったことがなかった。

立派な家がたくさんあって、どれに入ったらいいかわからない。

とりあえず聞いたことのある大和ハウスに入ってみた。モデルハウス(xevoという商品)の壁や断熱材や鉄骨について説明があったが、耳に残ったのは、江南市のおよそ5,000万円の建売分譲の話しであった。

1度、現地へ見に行くことを進められたが、金額の規模と建売分譲であるということに対して、また気持ちが向いたら連絡をさせて頂くことにした。

次に真向かいにあるパナホームに入った。

数年前に稲沢市に自らパナホームで家を建てられた営業担当さん(私より少しばかり若いよう)の話しを聞いた。

”マイホーム検討は購入するまでにいろいろと悩むことが出てきますが、楽しんでやっていくものなんです”と言われ、心の中で”そうだよねー”と納得した。

パナホーム/エココルディス ちなみにパナホームはマンション事業でやってきた経験から10KW以上の大容量モジュールを搭載できる強固な屋根材を今年開発し、エココルディスという新商品で売り出し中だとか。

太陽光モジュールはパナソニック製の単結晶モジュールで国内で1,2を争う発電効率だ。

ちなみにこの太陽光モジュールは、もともとサンヨー電機の開発したモジュールのようで、パナソニックへの吸収時にパナソニック製品となったみたい。

これまでの一般家屋の発電容量から大幅に増え、電力会社とは商業用電力の契約となり、長期にわたりお得な単価でに契約が行える。

「1,000万円の価値を生む家」というキャッチフレーズのこの商品は、自分が思っていた家のイメージを超える商品性であり興味を持って耳を傾けた。

細かい話までは聞けなかったが、話しの最後エコルディスを安価に購入できるお得なキャンペーンを紹介され、申し込みを進められたので、とりあえず書いてみた。

家の検討を始めたばかりの私にとっては、エコなイメージと新商品だけで、好感が持てた。

また長期的な買い物となるマイホーム購入に合わせて、将来価値に資金の一部を“投資する”とは・・・、すぐにエココルディスが気に入った。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nagoya77

Author:nagoya77
愛知県西部(稲沢市)に住んでいます。
2013年に、この街でマイホームを建てました。

カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
訪問者数(2014.1.22~)
一戸建て