O不動産へ行く/土地探し - O不動産へ行く/土地探し

O不動産へ行く/土地探し

 2013年7月20日(土)。稲沢市のO不動産へ行ってみた。

さっそく、稲沢駅・国府宮駅近辺を希望エリアとしていることを伝えると、H不動産同様に駅前物件は、やはりないようだ。

担当の方より自分たちの希望と違う大里地区の物件をいくつか紹介頂いたが、不動産の部長さんが、その物件ならこの近くなんで私の車で見に行った方が早いよ、ということで現地周りを誘ってきた。

物件にはあまり興味がなかったのだが、まだ不動産について勉強不足の私にとって、この気さくな部長さんの話は、とても貴重になると思い、現地周りをお願いした。

畑の中に100坪の土地、地主が農作をやめて、自分の住んでいた宅地300坪を分割して売りに出した土地であった。

土地が広い方が一番良いと、とっても強調して話されていて、立地環境としても、とってものどかな場所であった。

こういうのどかなところでは、近所づきあいをお互いに大事にして、学校の先生が言うには子供もグレルようなことが少ない環境なんだとか。

自転車通勤か奥田駅に駐車場借りれば、駅から遠くても通勤問題は解消できるし。

んー、なんとなく説得力はありそうだが、そうは言っても今、名古屋通勤している自分には想像しがたい環境である。

その後も、土地の条件でよくある下水道、個別浄化槽、共同浄化槽の違いについて部長さんから教えて頂いたりしながら稲沢市内の物件を1,2件、一緒に回って見たが、これだというものにめぐり合うことはできなかった。

ちなみに稲沢市は市街化区域が少ないのにも合わせてか、下水道工事がされていない市街化調整区域がまだまだ多いようであった。
市街化調整区域には、さらに農地、宅地という分類がある。
後にわかるのだが、市街化調整区域の宅地というのは、市街地よりも坪単価安くなりがち、課税も少ない希少な土地のようだ。

今日の物件紹介はこんな感じで終了し、後日またいい物件がでたら、教えて頂くようお願いして帰宅することにした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nagoya77

Author:nagoya77
愛知県西部(稲沢市)に住んでいます。
2013年に、この街でマイホームを建てました。

カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
訪問者数(2014.1.22~)
一戸建て