建物契約意思を伝える - 建物契約意思を伝える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建物契約意思を伝える

2013年9月19日(木)。打合せ前に確認したい点をいくつかメールしていた。

まず太陽光設備について、モジュールとパワーコンディショナーがあるのだが、保証制度についても確認したかった。

電力会社と20年の固定買取金額で契約するにしても設備の安定稼動がないと投資回収が見込めない。

東芝製の太陽光設備についての保証制度は以下のとおりであった。

・無償保証・・・基本的なもの
 システム保証(太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、昇圧器、接続箱、
 太陽電池モジュール用架台 (東芝純正架台)):10年
・有償保証(初期費用で7万円程度追加)
 太陽光電池モジュール保証15年(5年延長)、出力保証20年


太陽光設備投資に対して数百万円もかける以上は、確実性を求めるため、私達は東芝のパワフル保証という太陽光/保証制度有償保証メニューに入ることにした。


 次に、正直あまり意味のないことなのかもしれないがサンヨーホームズの経営状況を簡単に説明していただいた。
 (ここまでするのは用心深い?私ぐらいかな?)

というのもマイホーム購入が一生の買い物の中で最も高い金額をかけた買い物であることや、買った後もメンテナンス等で長期間にわたりサンヨーホームズとお付き合いをすることになるからだ。

たくさんのハウスメーカーの中から1つを選ぶにおいては、この会社のことをよく知っておくことや将来における不安要素(気になること)が少しでもあれば確認しておく必要があると感じたからである。

営業担当さんよりサンヨーホームズの経理担当からの会社状況や不動産業界の決算特性(期間収益性)メールを丁寧に説明いただいた。
最近、戸建住宅で全国ベスト10入りしたといった新聞の記事も見せて頂いた。

前から個人的にはサンヨーホームズは、
もともとのクボタ時代に持っていた軽量鉄骨技術に株主となったLIXILの“良質な住宅設備”仕入れルートを新たに獲得し、さらに“対応力の高い営業担当”のいるような会社で、今後の成長力の大きそうな会社だなと思っていた。
ちなみに聞くところによれば、前社長は積水ハウスの副社長だったようで、その良い影響も受け継がれている?ような。

この時点で私の気持ちがサンヨーホームズとマイホームを創っていくことに決心ができた。

その後に間取り図面修正で洗面所6段引き出し収納、オープンキッチンでキッチン下の収納2箇所設置とした。
妻は2階に大型収納がとれているのだが、1階は大型収納がなく、できるだけ収納箇所を増やしていく必要があると感じていたようだ。

前回の打合せ時に建物契約も土地契約日と同じく9月23日と聞いていたのだが、まだ私の口からハウスメーカー決定の言葉を伝えていなかった。日にちも迫ってきつつあるため確認した

  私:『後、4日で土地契約予定ですが、そろそろ建物の契約意思を伝えておいたほうが良いですよね』
 営業担当  :『そうですね、どうしてまだ契約意思を示して頂けてないのか、わからないんです・・・』
 私と営業担当:(笑)

そこで、初めてサンヨーホームズでマイホームを創りたいというこちらの意思を正式にお伝えした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nagoya77

Author:nagoya77
愛知県西部(稲沢市)に住んでいます。
2013年に、この街でマイホームを建てました。

カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
訪問者数(2014.1.22~)
一戸建て
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。