トヨタホーム営業さんより - サンヨーホームズと創ったマイホーム記録/サンきゅー・サンヨーホームズ

土地買付け提出の1日

 2013年9月8日(日)。一宮展示場のトヨタホーム名古屋へ来た。H不動産から紹介頂いたトヨタホームにも間取り設計と見積りを依頼していた。

条件として渡していた太陽光10KWの太陽光パネル搭載はトヨタホームでは不可能であるとのことだった。10KWのパネルを載せる屋根がないようである。

床面積35坪の値段を抑えた形での提案であった。サンヨーホームズとの違いとしては2階の子供部屋の配置である。南と北に趣の違う部屋を用意したとの説明であった。

建物以前にこの土地でのマイホーム建築にまだ迷いを持っていた私達は間取り云々ではなく、土地の資産価値に対するトヨタホーム営業担当さんの意見を聞いてみた。(素人の私達とは違った見方もあるはずだ)

 質問①:南側の間口ではなく、北側の間口の土地って価値あるの?
 質問②:広さとして68坪は土地としての価格もあがり、不利ではないのか?

トヨタホーム営業担当さんの見解は以下のとおりであった。

南側の間口を希望する人は一般的に多いが、実際、間口は不特定多数の方は通るので昼間に視線を気になり、窓が開けにくい状況である。一方、北側の間口であれば、昼間も南側は特定の隣家からの視線しか入ることはなく、視線を気にせず落ち着いた生活環境を作ることができる。(実際にこの営業担当さんの家も北側間口だそうだ。)
この観点は話しを聞くまでは盲点であった。やはり聞いてみるものである。

さらに、土地は狭くて困っている人の話しは何人も聞いたことがあるが、広くて困っている人の話しは聞いたことがないとのことである、ということであった。

最後に土地の購入判断は今日中と迫っており迷っていることをお伝えすると、他の人に先を越されて買い付けが出せずに終わるというのが一番後で後悔することになります。

自分の判断でこの土地を購入する、購入しないを決めて、もし購入しないのであればどこがNGでしないのかをお決めになって結論を出された方が良いです。とのことであった。

大手ハウスメーカーの課長さんコメント、自分としてもその考えに共感した。

その後、帰り道、タマホームへ寄った。妻の希望である。割安な価格で家を建てられるイメージがあり、見てみたいとのことであった。

入ってすぐにタマホームは木造建築のみで私の求めている鉄骨建築ではないことがわかった。タマホームの進めで土地情報ファイルを見せていただいたが、ここで私達は稲沢市内の駅近くのほどよい広さの土地(建築条件なし)がほとんどないことを再確認できた。

 家に帰り、もう一度、2人で話し合った。

今回の土地を購入する方向で買い付け証明を出すことを決断した。

夜20時、H不動産へ出向き、サンヨーホームズ経由で聞いていた2桁までの端数を削った(H不動産が言うに)買い付け順番1番で購入できるだろう金額で買付け証明の提出を行った。

私達の中でも、この土地は、ここの地区の需給面からも価値があり”売り手の予定ラインを超えた値引きを要望したら、手に入らない”という気持ちに至っていた。長い一日はこうして終わった。
プロフィール

nagoya77

Author:nagoya77
愛知県西部(稲沢市)に住んでいます。
2013年に、この街でマイホームを建てました。

カテゴリ
フリーエリア
最新コメント
訪問者数(2014.1.22~)
一戸建て